doinaka!山梨

ラーメン

昭和の味を受け継ぐ店!來々軒で懐かしテイストのラーメン

Doinaka!編集部

2016.08.18

この記事を書いた人:Doinaka!編集部

 

初級デザインスクール

甲府盆地ラーメンの特徴を捉えた懐かしの味

かつては相生町にもその軒を構えていた來々軒。

(甲府の中楯スポーツセンターの横にあったお店と言うと、もしかしたらピンと来る人もいるのでは?そちらは先代のお店だそうです。)

現在は旧県立図書館近くに店舗にてご夫婦でひっそりと店を営んでいます。

今回は減少の一途を辿っている中華屋ラーメンにもう一度注目してみましょう。

 

來々軒ラーメン

 

具はチャーシュー、メンマ、ノリ。シンプルで飾りっけのないラーメン。

以前紹介した、甲府盆地のトラディッショナルラーメンの特徴をそのまま捉えたラーメンですね。

油分少なめのあっさり醤油スープと中細ちぢれ麺の優しい味わい。スープにゆっくり溶けてゆくノリを麺と絡めて一気にすすります。うん、これこれ!

 

中細ちぢれ麺スープ

 

あっさりスープなので気がついたらスープまで全部飲み干しそうな勢い。

口直しはサービスの漬物で。心遣いが嬉しい!

 

漬物

 

なかなか取り上げられる事が少ない中華屋ラーメン。

ラーメン専門店にない味わいがあります。

油のついたカピカピの週刊誌や古びたメニュー表、仕事中に酒を飲むサラリーマン、それらを横目にすするラーメン。

むかしの映画やドラマの登場人物になった感覚を味わってみたら如何でしょう。

 

來々軒看板

來々軒(らいらいけん)

店名 來々軒(らいらいけん)
TEL・予約 055-222-9128
住所 山梨県甲府市丸の内2-26-12
営業時間 11:00~14:00/17:00~20:00
予算 〜¥1,000
定休日 日曜日
Doinaka!編集部
Doinaka!編集部
地元の事を知っているつもりでも、まだまだ知らない事だらけ。そして常に気づかないところで変化をしています。 ちょっと視線を変えたり、ほんの少し目線を外したところにある魅力をどんどん発掘していきます。 山梨でしかできない遊び方を通して、田舎という言葉をもっとポジティブなキーワードに変えたいです。

ライターの詳細情報