doinaka!山梨

炒めそば

甲州市の老舗「塩山館」の炒麺(炒めそば)

Doinaka!編集部

2016.08.15

この記事を書いた人:Doinaka!編集部

 

初級デザインスクール

甲州市の老舗「塩山館」

中央本線塩山駅からほど近い場所に軒を構える大衆中華料理店「塩山館」。

現在に至るまで甲州市エリアを代表する人気店で昼時には満席になる事も。(しかも日中のみの営業!)

太く縮れた麺とたっぷりの野菜を使ったタンメンが有名な塩山館ですが、もう一つ忘れてはいけない名物が今回紹介する「炒麺(炒めそば)」です。

塩山館暖簾

焼きそばではなく炒めそば

キャベツ、もやし、豚肉を麺と一緒に醤油で炒めた所謂、中華風焼きそば風な見た目。

炒めそば

麺を持ち上げてみると、タンメンで使用している太ちぢれ麺。

もちもちとした歯ごたえのある縮れ麺はすすった時の舌触りも良く、その後の食感も絶妙です。塩山館の特徴はこの麺にあり!

この太麺は確かに焼きそばとは言いがたい。これぞ炒めそば

また麺に醤油味が良く染みこんでいるので、噛めば噛むほど美味しいです。

炒めそばの麺

この麺は例えるなら、ラーメン二郎を彷彿とする太麺の舌触りと武蔵野うどん等を始めとする関東エリアの田舎うどんの様な食感を合わせたような形。

 

スープ

 

焼きそば系はあまり腹持ちがよくないと思われがちですが、がっつりとお腹にたまり男性でも満足いくボリュームです。

タンメンしか食べたことが無い方やまだ行ったこと無い方、塩山に立ち寄った際は塩山館で炒めそばを試して頂きたいです。新しい麺の食感に感動するはず!

炒めそば

塩山館(えんざんかん)

店名 塩山館(えんざんかん)
TEL・予約 0553-33-2020
住所 山梨県甲州市塩山上於曽1719-13
営業時間 11:00~17:30
予算 ¥1,000〜¥2,000
定休日 日曜定休
Doinaka!編集部
Doinaka!編集部
地元の事を知っているつもりでも、まだまだ知らない事だらけ。そして常に気づかないところで変化をしています。 ちょっと視線を変えたり、ほんの少し目線を外したところにある魅力をどんどん発掘していきます。 山梨でしかできない遊び方を通して、田舎という言葉をもっとポジティブなキーワードに変えたいです。

ライターの詳細情報