doinaka!山梨

仙人小屋

八ヶ岳の山賊グルメ!「仙人小屋」で本格ジビエを楽しもう

Doinaka!編集部

2016.06.24

この記事を書いた人:Doinaka!編集部

 

初級デザインスクール

北杜市の仙人が作るジビエ料理

昨今メジャーになりつつあるジビエ料理。東京都心でもジビエを売りにした店が多数出店されています。鹿、熊、イノシシといった山の生き物を狩猟して食肉にするのは山国ならではですね。

ちなみにジビエとはフランス語で狩猟した野生鳥獣の肉を意味するそうです。

メニューと店内の様子

狩猟や採集で得る自然のものですので、季節や日によってメニューが変わります。

鹿や熊料理以外にも鮎やイワナといった川魚やキノコを使った料理も多数。聞いたこともない名前のキノコも…タマゴ茸とは一体…。

仙人小屋メニューイワナの…これはいったい。。。しかも売り切れです。珍味系のメニューもいくつかありました。

仙人小屋店内店内には某グルメサイトの受賞楯やマムシ等の瓶詰めが…。雰囲気あります。仙人というよりも魔女っぽい雰囲気ですね。

鹿丼&熊丼

今回は鹿丼と熊丼を選択。味を食べ比べてみたいと思います。

まずは鹿丼。見た目はこんな感じです。一見の牛丼のようにも見えますがれっきとした鹿肉。

鹿丼

そしてこちらが熊丼。こちらは玉ねぎではなく生姜と一緒に煮込んである様子。

熊丼

先ほどの両者とも見た目はあまり変わらず。お肉なので当然ですが。

それぞれどんな味?

どちらも歯ごたえは普通の肉と変わらないです。

ですが味は若干鹿肉の方がクセがありました。ヤギ肉等を食した事がある方ならわかると思いますが独特と臭みがあります。

一方で熊肉はクセはさほど強くなく牛すじ系の食感と歯ごたえが。

IMG_1918どちらも野性味が溢れる味わい。好き嫌いは当然別れるとは思いますが、一度食べておいて損は無い味です。セットになっているキノコの味噌汁も絶品ですのでこちらも併せて楽しんで頂きたいです。

にんにくのスタミナ煮サイドメニューのにんにくのスタミナ煮と一緒に頂きました。ガッツがつきました!

季節によってはこんなメニューも

きのこ天ぷら定食蜂の子の炊き込みごはん

蜂の子の炊き込みごはんときのこ天ぷら定食等、季節によって色々なメニュー登場します。

四季折々やその日によって食べれるものが違うので、何度行っても楽しめるのがリアルなジビエ料理!次は店内で紹介されていた深山オニクのスープを試してみたいと思います(笑)仙人も毎日飲んでいるとの事。

オニク

何度行っても飽きない仙人小屋。八ヶ岳方面にお越しの際は皆さんも是非ジビエ料理を体験してみて下さい。

子グマの剥製

仙人小屋(せんにんごや)

店名 仙人小屋(せんにんごや)
TEL・予約 090-8812-9958
住所 山梨県北杜市大泉町西井出6924−2
営業時間 11:00~15:00
予算 ¥2,000〜¥5,000
定休日 4~10月 毎週木曜日 11月・3月 毎週水・木曜日 12~2月 毎週火・水・木曜日
Doinaka!編集部
Doinaka!編集部
地元の事を知っているつもりでも、まだまだ知らない事だらけ。そして常に気づかないところで変化をしています。 ちょっと視線を変えたり、ほんの少し目線を外したところにある魅力をどんどん発掘していきます。 山梨でしかできない遊び方を通して、田舎という言葉をもっとポジティブなキーワードに変えたいです。

ライターの詳細情報