doinaka!山梨

laybag

話題のLayBag(レイバッグ)を使ってみた@小瀬スポーツ公園

 

初級デザインスクール

LayBagって何?

レイバッグ持ち運び
5秒で膨らむエア・ソファという触れ込みで発売された最新アウトドアグッズです。
重量もとても軽く持ち運びも楽チンなのでキャンプやフェス利用者に徐々に広まり始めています。

ちなみに以下がレイバッグの公式動画。ぶんぶん振り回すだけで簡単にソファの出来上がり。

実際に使ってみた!

天気もいいので小瀬スポーツ公園でlaybagを試してみたいと思います!

小瀬スポーツ公園

構造はどうなってるの?

膨らむ前のレイバッグ

まずは中身を広げるとこんな感じ。萎れた鯉のぼりみたいです。シワシワになっているので空気が入りやすいように一回綺麗に広げてあげましょう。

レイバッグ構造

レイバッグ構造2

空気を入れる穴はこの2つ。この穴に左右バランス良く空気を入れていきます。
レッツトライ!

【使い方】丁寧に空気を入れよう。

動画で見るとブンブン振り回しているだけのようですが実際にそれではうまく行きません。
左右の穴に交互にゆっくり入れましょう。
右の穴を開けて振ったら、穴を閉じ、今度は左の穴と、入れた空気が漏れないようにゆっくりやった方がきれいに膨らみます。風がある程度あると開いているだけで結構空気が入ります。
5秒は言い過ぎかもですが、簡単に空気ははいります。

あとは適当な硬さまで入り口を絞って出来上がり。
レイバック完成

レイバッグでのんびりアウトドア

とにかく寝心地が最高です。思わず寝落ちしそうになりました。特に読書なんかには最適かと。

これから暖かくなる季節なので、山や湖で。公園の木陰でレイバッグを使ったのんびりライフを満喫してみれば如何でしょうか?今日はレイバッグの上でのんびり仕事しまーす。
レイバッグとPC

じゃくそん
じゃくそん
甲府市在住のクリエイター兼プランナー。 ウェブ・イラスト・グラフィックなどのクリエイター業からマーケティング等を駆使したプランニング業まで多種多様に活動中。ちなみにDoinaka!山梨を作った人。 独自の切り口で記事を執筆中!

ライターの詳細情報